- スタッフ紹介

スタッフ紹介

院長 三浦純也(みうら じゅんや 秋田県出身)

整骨院の家系に生まれ、父、叔父も治療家であり、従兄弟も治療家。

そして、私の兄も柔道整復師の免許を持っているが、治療家にはならずに運送業をしています。
私は治療家には絶対にならないと子供の時から思っていました。
ところが高校の時の怪我をきっかけに父親の仕事を継ぐことになりました。

2003年に高砂にある柔道整復師の専門学校を卒業し、中野栄にある整骨院で4年間修行し、その後は分院である塩釜の整骨院で3年間、副院長を務める。
その後は新しく2011年に分院を立ち上げた整骨院で3年間院長を務め、スタッフ教育や技術指導を行う。

整骨院で10年の修行をする。
その10年の間で様々な治療法のテクニックを学ぶ為に東京や横浜などへ毎月通い、様々な治療テクニックを駆使し、その人にあったオーダーメイド治療が可能になった。

2014年に中野栄にJTC整骨院をOPENし、2015年7月に高砂へ移転し、2017年5月に治療院アテオスに変更し、慢性的な症状にも対応出来、根本から施術が可能になりました。これからも地域の皆様の健康サポート、そして何よりも「どこに行っても良くならない痛み、しびれでお困りの方を一人でも多く助けたいという思いで、日々治療にあたっております。

また、現在は同業種の整骨院の先生にも技術指導を行い、少しでも困っている人の役に立てる、整骨院を広げたいと活動しております。

今まで学んだ治療テクニック : トムソンテクニック、ガンステッドテクニック、CBS、オステオパシーテクニック、クラニアルメソッド、SOTなど。

施術スタッフ 石澤 涼(いしざわ りょう 利府町出身)

学生時代に3年間続けたバスケットの影響で腰に障害を持ち、痛みに耐えながらスポーツをしていました。
中総体の当日に腰の痛みがピークになり、試合に出られないほどの痛みでした。
そんな時に中学生の時の先輩であり、柔道整復師の養成学校に通っている先輩に私の腰にテーピングを施してもらいました。
そしたら驚くように痛みが消え、魔法にかけられたようでした。
高校時代のその経験があった事で私もこのような先輩のような仕事に就き、人々の健康のサポートをしてみたいと思い、柔道整復師を志しました。

国家試験も合格し、柔道整復師の世界に入りました。
就職した整骨院ではマッサージの治療をしていましたが、マッサージだけの対症療法ではなく、もっと効果的で根本的に改善できる治療はないか探していたところ、カイロプラクティックという治療法に出会いました。

人間の自己再生能力を最大限に利用し、症状だけを消すのではなく、根本から治療するという概念が素晴らしく思い、今現在学んでおります。

私は患者さんにとっての苦痛を最小限に抑え、患者さんが抱えている苦痛に対して、身体の軸である背骨、骨盤の矯正治療で元気を与え、皆様の健康を最大限にサポートしていける治療家になりたいと日頃考えております。

施術スタッフ 長田 利菜(おさだ りな 亘理町出身)

高校時代に大事な試合前に太ももの肉離れをしてしまう。
その時に怪我の治療で通っていたのが接骨院でした。
怪我の治療以外にも精神的な面でもサポートして頂き、トレーニング法など丁寧に教えてくれました。
また、試合の当日にテーピングや怪我のケアなどをしてもらっていました。

そのような学生時代の怪我などの経験から、私も痛みで悩んでいる人たちの力になりたいと決意し、柔道整復師を目指す。

そして柔道整復師の専門学校に入学する。
3年間勉強し、国家資格を取る為に勉強が得意ではなかったのと、医学(生理学、解剖学、外科学、整形外科学、一般臨床学、公衆衛生学、関係法規学、病理学、運動学、リハビリテーション医学、柔道整復学の11教科)の事を学ぶのは初めてで、覚えるまで何度も繰り返し時間をかけて勉強しました。
国家試験は学友の支えもあり、無事に合格して、夢を叶えられた瞬間はとても嬉しかったです。

柔道整復師になり、患者さんが抱える痛みや悩みを一つ一つ受け止め、原因をきちんと理解、説明し、一時的な痛みの改善だけでなく、全身的に健康になっていただけるように、カイロプラクティックの技術を一から学び、常に患者さんと寄り添い、支え合う治療家になりたいです。

受付 齋藤 美紀(さいとう みき)

JTC整骨院当時から入社して5年になります。

今まで多くの患者様の良くなっていく顔を見たり、『お陰様で本当に良くなったよ』と言われると、受付の私まで嬉しくなります。

これからも一人でも多くの方の笑顔が見られるように、そして皆様に最高のおもてなしが出来るように日々頑張っていきたいと思います。

受付 麦嶋 美香(むぎしま みか)

いつも笑顔でお迎えし、皆様に少しでも笑顔と安心を与えられる受付を目指しております。

私たちは直接、患者様を治療することはできませんが、皆様のお話やご意見を聞くことはできますので、お気軽にお声がけください。

 


施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療