- Blog記事一覧 -反り腰の人が増えています。あなたは大丈夫ですか?

反り腰の人が増えています。あなたは大丈夫ですか?

2018.04.16 | Category: 姿勢,肩こり,背骨,腰の痛み

仙台市宮城野区の「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

気にする人は気にする反り腰。

反対に気にしない人は気にしません(笑)

しかし、反り腰は意外にも身体にいろんな影響を及ぼします。

反り腰かどうかチェックしてみましょう

□ポッコリお腹である

□腰を反らせるのが苦手

□仰向けで寝ると腰が痛い

□股関節に違和感がある

□朝、起きた時に腰に痛みがある

□ハイヒールを履く

□外反母趾である

□内股、O脚である

□つまずく事が多い

□お尻が出ているように感じる

4つ以上当てはまる方は反り腰の可能性が高いです。

反り腰の原因は様々で、主に女性に多いと言われております。反り腰なのに、姿勢がよいと勘違いしてしまう場合もあります。

 今、反り腰の人が増えています。男性よりも女性に多く見られます。

反り腰とは腰のカーブ(腰椎の前湾)が極端にきつくなった状態の事をいいます。腰のカーブ自体はクッションとして必要なものですが、度を超えるとさまざまなトラブルの原因となりかねません。

考えられるのはデスクワークなどで長時間座りっぱなしの人が増えたこと。

座った姿勢は骨盤の状態が不安定で歪みやすく、長時間座ったままでいることで筋肉も緊張して固まってしまうため、立った時の腰の動きを制限しがちになります。その結果、腰が過剰に反ってしまうのです。

反り腰は男性よりも女性に多いと言われております。特にヒールの高い靴を履く機会の多い女性によく見られ、ヒールの高い靴でつま先重心になることが反り腰の要因のひとつと考えられています。

一見、姿勢がよく見える反り腰・・でも実は問題がいっぱい

「良い姿勢=腰を反らせた姿勢」と勘違いしている人は意外にも多く、中には姿勢を良くしようと意識しすぎて反り腰になっている方も。

反り腰は一見、スタイルが良いように見えますが、体には負担が多い状態。「反り腰=姿勢が良い」ではないことを知っていただければと思います。

まず、反り腰だと腰が反りすぎてお尻やおなかが出っ張り気味に。お尻とおなかの筋肉を使わない姿勢になるために次第にお尻が垂れるうえ、骨盤が歪んで開くことで内蔵の位置が下がり、ポッコリおなかも余計に誇張されてしまいます。

さらに、前後のバランスを取るために首が前に出た猫背の姿勢にもなりやすく、背中や肩も緊張しがちに。反り腰は見た目だけではなく、全身の健康にも影響を及ぼす可能性もあります。

反り腰かどうかをチェックしてみましょう!

まずは靴を脱ぎ、素足で壁からカカトを5cmほど離してまっすぐに立ちます。頭、お尻、背中を壁にぴったりとくっつけ、壁と腰の間に手をいれてみましょう。もし、隙間にすっぽり手が入り、余裕があるようなら、骨盤が前傾して腰が反りすぎている可能性大です!

反り腰を放置していると体にいろんな影響が・・・

反り腰は腰痛の原因になりかねないだけでなく、腰が反ることでおなかが常に圧迫されるため、婦人科系の症状など、女性特有の悩みにつながる可能性も。

股関節周辺が圧迫され、リンパの流れも滞りがちになるため、脚のむくみや冷え、膝の違和感を覚える方もいらっしゃいます。

反り腰を防ぐためには腰、股関節、骨盤の3つがバランスよく動くことが大切です。

自宅で出来る反り腰対策

1,腸腰筋ストレッチ

両足を前後に開いて立ち、右膝を床につけて片膝立ちになります。この時にまっすぐな姿勢を心がけましょう。上半身の姿勢をくずさないように、体重を前に移動していきます。太ももの付け根、下腹部の中が伸びているのを感じながら30秒キープ。左右行いましょう。

2,キャットストレッチ

肩と太ももが床と垂直になるように四つん這いになります。その状態で口から7秒かけて息を吐きながら、天井に引き上げるように腰から背中を丸めます。次に鼻から3秒かけて息を吸いながら、上を向くように目線を上げて背中をそらしていきます。

※ストレッチ中に痛みが強くなる場合は無理せずに状態にあわせておこなってください。

ストレッチはコツコツ積み重ねることが重要です。少しずつでいいのでお試しください(^o^)

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

 


施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
ご連絡先電話番号 *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。