- Blog記事一覧 -コルセットで腰痛は治るのか?コルセットの効果。

コルセットで腰痛は治るのか?コルセットの効果。

2018.07.23 | Category: 体の仕組み,健康情報,腰の痛み,骨盤

腰痛・肩こり・背骨矯正専門」仙台市宮城野区の治療院アテオスです。今回はコルセットの効果についてお伝えしていきたいと思います。皆さんコルセットは使った時ありますか?腰痛を抱えている方は整形外科や整骨院コルセットを購入したかたもいるっしゃると思います。コルセットは状態によってはすごく効果的なアイテムですが、依存しすぎると逆効果になることもあります。

仙台市、腰痛、整形外科、整骨院

コルセットの効果

コルセットや腰痛ベルトというのは腹腔内圧を高めて上げることで腰痛を軽減する効果があります。よく腰痛の人は腹筋と背筋が弱くなっているために腰痛になりやすいので体幹を鍛えろと聞いたことがあると思います。これは腹筋と背筋を鍛えて腹腔内圧を高めて上がるということです。人間の体は体の外側の圧力と体の内側の圧力がバランスがとれて立っていられる状態になります。しかし、腰痛を引き起こしてしまうと、この圧力のバランスが崩れてしまうのでコルセットや腰痛ベルトで一時的に腹圧を高めてあげるのがコルセットの効果です。先ほどもお伝えしたように本来、人間の体には自分のコルセットという腹筋と背筋があります。この腹筋と背筋を助けて上げるのがコルセットの役割、効果なのです。

コルセットにも用途がある

コルセットには2種類あります。腰椎の問題で痛くなっている場合と仙腸関節という骨盤の問題で痛くなっている場合の2パターンです。これを知った上でコルセットを使用するともっと効果が発揮されます。

  1. 幅広のコルセット:幅広のコルセットの多くは白だったり、黒で布製のものが多く、一般的に病院や整骨院で販売されるコルセットです。症状としては長時間立っていたり、起きあげる動作、かがむ動作、何もしなくても痛いような時に効果的なコルセットです。
  2. 幅が狭い骨盤ベルト:骨盤ベルトは生ゴムで造られているものが多く、骨盤自体を締めてあげるバンドです。骨盤ベルトはどちらかというと動きはじめの初期動作や座っていると痛い、椅子から立ち上がる時に痛むような腰痛のときには骨盤ベルトが効果的です。

コルセットは慢性腰痛に効果的か

コルセットや骨盤ベルトは腰痛には効果的ですが一時的に腰痛が和らぐことはありますが、治ることはありません。中にはギックリ腰になるのが怖いからと言って常に使用している方もいらっしゃいます。しかし、コルセット、骨盤ベルトが効果的に働くのは急性期のときです。急性期で炎症が強く出ている時に一時的に腹圧を高めてあげるのです。慢性腰痛には効果がないというわけではありませんが、逆に治るスピードを遅くしてしまいます。

コルセットの注意点

コルセットを長期間使用していると、自分の本来のコルセットである腹筋と背筋が弱くなり、体を自分の力だけで支えることが出来ない状態になります。それはなぜかというとコルセットに頼っている筋肉は自分で体を支えようとする働きをしなくなるからです。それが悪循環を招きます。コルセットをしていると腹筋と背筋をサポートしてくれるので、腹圧が高められて腰痛は一時的に和らぎますが、コルセットを外したとたんに腹筋のと背筋が自分の体を支えれれなくなり、体がフラフラしたり、物を持ち上げようとしたさいにお腹に力が入らない。長時間立っていられない。そのため、またコルセットを使用して体幹の筋肉をサポートする。そして楽になる。このように悪循環になるのです。

コルセットや骨盤ベルトに頼った日常生活は逆に腰痛を悪化させてしまうことになるので要注意が必要です。もし、コルセットを使用する際は常につけるのではなく、重いものを持つ時や力仕事をする時にだけつけるのは腰痛の予防にもなるので、それはオススメです。脱腰痛ベルトを目指しましょう!

自分のコルセットを鍛える方法

自分のコルセットを鍛えて腹圧を高めるためにはそれなりの努力も必要です。そこで自宅で寝ていながら出来る効果的なエクササイズをご紹介致します。

仰向けの状態でこのような姿勢をとります。

  1. 左右の膝の内側にタオルや枕などを挟めます。
  2. 挟んだ状態からお尻を上に持ち上げていきます。その際に上がりすぎてもいけないので、基準としては膝、太もも、お腹のラインが一直線になるくらいまでお尻を上げていきます。そのお尻を上げていくのと同時にお尻の穴をギュッとしめ、左右の膝に挟んだ枕を同時に挟むように力を入れていきます。
  3. 力を意識するのはお尻の引き締め、膝の引き締めです。
  4. この運動をゆっくりと、5秒間かけてお尻を上げていきます。そして上げきったところで3秒間維持します。そのあとにゆっくりと下げていきます。この繰り返しを行います。

この運動を1日2回、朝と夜の2回を5セット行います。筋肉は短時間でつくことはないので、効果は分かりづらいと思いますが、日々、コツコツと行っていくことで筋肉はついてきます。この運動は産後の女性で骨盤の開きが気になる方にも効果的なので是非、お試しいただければと思います。

まとめ

コルセットは急性期の腰痛に対しては効果的ではあるが、長期間使用してしまうと逆に腰痛が改善するのを妨げてしまうことになるのです。腰痛コルセット、骨盤ベルトを使用する適切な期間は1週間を目安に使用してみてください。

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

 友だち追加


施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。