- Blog記事一覧 -ぎっくり腰のときのマッサージは注意!

ぎっくり腰のときのマッサージは注意!

2018.08.07 | Category: セルフケア,体の仕組み,腰の痛み

「腰痛・肩こり・背骨矯正専門」仙台市宮城野区の治療院アテオスです。本日、初診の患者さんで腰が急に痛くなり整骨院に行ったらマッサージをしてもらいその時は楽になったが次第に痛みが強くなり、1ヶ月経っても痛みが強くなるばかりで不安に感じ、当院へいらっしゃいました。実はぎっくり腰や痛みが強ときに安易にマッサージをしてしまうと逆に痛みが強くなることがあるのです。

仙台市、腰痛、肩こり、整骨院

ぎっくり腰と急性腰痛

ぎっくり腰とは急性腰痛とも言われております。ぎっくり腰とは急に腰に強い痛みがはしり、ひどい方では動けなくなる方も中にはいらっしゃいます。多くのぎっくり腰の発生原因は重いものを中腰で持ったり、体を捻ったりなどの動作をしたときにおこります。また、何気ない普段の動作でもぎっくり腰を引き起こすこともあります。ぎっくり腰の原因は様々で、筋肉や関節、椎間板に許容以上の負担が加わることでおこります。ぎっくり腰が深刻化すると足に力が入らなくなったり、足にしびれが出たりと症状が重くなることもあります。

ぎっくり腰(急性腰痛)は発症時は筋肉や関節、椎間板などに強い炎症を引き起こします。その炎症が更に痛みを強く感じさせているのです。また、疼痛緩和姿勢といって疼痛から無意識に体は逃れようとして、できるだけ痛くない姿勢を取るようになります。この姿勢は痛みを緩和しようとして自然に起きている体の反応なので無理に姿勢を整えたり、まっすぐにしようとすると逆に痛みを強くしてしまうこともあります。

何故、安易なマッサージは危険か

腰が痛いから、筋肉が張っているからマッサージをすれば痛みはとれるだろうと考えている方もいらっしゃると思います。痛くなったらマッサージ屋さんにいったり、整骨院で電気とマッサージを受けたりしたこともあるのではないでしょうか。マッサージはすべて悪いわけではありませんが体の状態を検査せずに硬いからといって、ぎっくり腰の状態で安易にマッサージをしてしまうと逆に炎症を強めたり、筋肉が緩みすぎてしまい、体を支えられなくなり、痛みを助長してしまう事があるのです。刺激を与えることで一時的には痛みは数時間は軽くなるかもしれませんが、そのあとの反動が強いので気をつけましょう。強いマッサージや指圧というのは筋肉を更に硬くし、体の柔軟性を失うこともりますので注意が必要です。

ぎっくり腰になった時の対処法

もし、ぎっくり腰になってしまったらどうしたらいいのでしょうか。マッサージを安易にしても痛みや状態が悪化するだけ。そんなぎっくり腰になった時の対処法は冷却です。すごく簡単です。炎症は72時間続くと言われております。そのため3日間は腰の痛みは強く感じます。その炎症が出る時期にしっかりと早めの処置を行うことがたいせつなのです。

対処法

  1. 保冷剤やアイスノン、氷嚢などで患部を10分間冷やします。保冷剤やアイスノンを使用する際はタオルなどに包んでから患部を冷やしてください。※低温やけどに注意してください。
  2. お風呂は短め、もしくはシャワーにしてください。長時間の入浴は炎症を強くしてしまいます。
  3. 冷却の頻度は1日3回を3日間おこないます。
  4. コルセットや骨盤ベルトをして楽であればまいてください。

また、ぎっくり腰になったときは安静が一番だと思われがちですが、実は安静にして布団やベットに横になっていると逆に回復するスピードを遅らせることにつながります。動けるのであればウォーキングや散歩などを10分くらいでもいいので行ってみてください。

その状態を放置しないこと

ぎっくり腰の痛みがやわらいできて、ある程度動けるようになると治ったかのように感じると思います。しかし、ここが大切なのですが、ぎっくり腰の痛みが落ち着いて来たのは炎症が治まってきたからなのです。けっして腰痛やぎっくり腰を引き起こした原因は治っていないのです。この原因を痛みが落ち着いたからといって放置しておくと、時間の経過とともに必ず同じ痛みや状態を引き起こすことになります。そのため、しっかりと適切な治療を受けることをオススメいたします。また、ぎっくり腰になったときに痛み止めや注射などで痛みだけを無理に抑えてしまうと、体は痛くないからといって動いてしまい、痛み止めが切れてしまうと痛みが更に強くなることもあるので注意しましょう。

まとめ

急にぎっくり腰になった際は炎症が強いのでむやみにマッサージなどを受けるよりもアイスノンなどで患部を冷却する事が炎症を早くしずめ、回復がはやまります。また、安静よりもある程度、動けるなら散歩やウォーキングをして体を動かすことが重要です。痛みがとれても根本的には改善されていないので、しっかりと治療を受けることをオススメいたします。初期の治療がとても大切のなりますので、適切な治療をうけてください。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

友だち追加


施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。