- Blog記事一覧 -口を開いたときに顎が痛くて、音がする・・・

口を開いたときに顎が痛くて、音がする・・・

2018.09.05 | Category: セルフケア,体の仕組み,健康情報,顎の痛み

腰痛肩こり・背骨矯正専門」仙台市宮城野区の治療院アテオスです。前回のブログでは食いしばりによる頭痛についてお伝えしました。そのブログの中で食いしばりでおこる症状の中に顎関節症というものがあります。顎関節症でお悩みの方は当院でも多くいらっしゃいます。また、自分が顎関節症だと分かっていない、気づいていない方もいらっしゃいます。

仙台市、整骨院、腰痛、肩こり、顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは、顎の痛み・口を開けにくい・関節音がするといった症状を伴う、顎の関節や顎の筋肉(咀嚼に関わる筋肉)の異常のことを言います。
先に紹介したような症状が一つでも当てはまり、他に原因となる病気がない場合に顎関節症と診断されます。しかし、明確になっていないことが多く、世界で共通の定義がないというのも事実です。顎関節症は、多くの人が一度は経験している病気であり、一生のうちに半数の人が経験するとも言われています。

顎関節症のセルフチェック

  1. 利き手と反対の手の人差し指、中指、薬指を揃えて3本の指を縦にしてください。その3本の指を縦にして口の中に入れてみてください。正常の口の開きであれば3本が入るはずです。もし、入らない場合は顎関節に異常があるか顎を動かす筋肉に問題が出ている状態です。
  2. 耳の下にある顎の関節に指を当ててみてください。顎を開閉したときにポコッと動くのでわかりやすいと思います。そのポコッとした顎の関節が顎を開いたときにガクッと音がなるか確認してください。もし、音がなるようであれが顎関節症の疑いがあります。
  3. 口を開閉したときに顎に痛みがある。この場合は顎関節症の疑いがあります。

顎関節症の原因

顎関節症になる原因は様々あり、これというものは実はありません。いろいろな原因が複雑に絡み合って起きているのです。例えば、片側の歯だけで物を噛むことが多い。仕事やテレビを見るときに頬杖をつくことが多い。精神的なストレス。食いしばりが多いなどです。また、かみ合わせが合っていなくても起こることがあります。このように顎関節に負担をかける要素はたくさんあります。その要素が積み重なった結果として顎関節症を引き起こしてしまうのです。

また、顎関節は股関節とも深く関係しており、股関節が悪かったりしても顎関節に負担をかけることもあります。そして顎関節が連結している側頭骨という頭の骨が歪むことによっても顎の痛みや開閉障害を引き起こすこともあります。まれにあるのが骨盤と側頭骨は同じ骨の歪み方をするので、骨盤を調整したり、頭蓋骨の骨を調整すると顎関節の痛みや開閉が出来るようになる方もいらっしゃいます。

顎関節症のセルフケア

ここではご自分で出来る顎関節症のセルフケアについてご説明させていただきます。

  1. 顎を動かす筋肉である側頭筋という頭の横にある筋肉です。ここの筋肉を軽く円を描くようにマッサージをしてみてください。そしてマッサージをしたときにもっとも痛みを感じる部分を集中的にマッサージをしてみてください。本来は顎の左右の動き方で右と左のどちらの側頭筋をアプローチするか決めるのですが、両方やっていただいてもかまいませんので、左右両方をマッサージしてみてください。
  2. 咬筋のマッサージです。やり方としては側頭筋のマッサージと同様です。咬筋の位置は歯をグッと食いしばったときに盛り上がる筋肉が咬筋です。頬に手を当てて、食いしばってみてください。比較的わかりやすいと思います。

※顎の音が気になる方でよくあるのが意図的に顎の関節をガクガク鳴らす方もいらっしゃいます。痛みがなくても音が生じる方は無理やり顎の音を鳴らすのは控えましょう。

※マッサージをおこなう際は軽く皮膚を転がす程度に行ってください。あまり強くおこないすぎると炎症などを引き起こすこともありますのでご注意ください。

当院では背骨の矯正治療とともに頭蓋骨の調整や顎の関節の調整も行っております。その理由としては左右の顎の関節のバランスが崩れることで肩こりや頭痛を引き起こすこともあるからです。肩こりだから肩の治療ではなく、全体的にどこが顎関節に影響を及ぼしているのか、肩こりを起こしているのかを突き止めてアプローチすることが重要になります。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

当院の治療動画

フェイスブック

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

 

友だち追加


施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
ご連絡先電話番号 *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。