- Blog記事一覧 -首の骨を自分でポキポキ鳴らすのは危険な理由

首の骨を自分でポキポキ鳴らすのは危険な理由

2018.09.10 | Category: 体の仕組み,肩こり,首のこり,首の痛み

腰痛肩こり・背骨矯正専門】仙台市宮城野区の治療院アテオスです。今回のブログではのポキポキについてお伝えしていきたいと思います。ブログを読んで頂いてる方の中には首や肩こりがひどくなると首をポキポキ鳴らしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もこのお仕事を始める前までは肩や首が苦しくなると首をポキポキ鳴らしてしまっていました。

仙台市 整骨院 腰痛 肩こり 首のこり 

なぜ、ポキポキ音がするのか?

指や首などの関節を急激に引き離したり、動かしたりすると関節内にある滑液という潤滑液の圧力が下がり、炭酸飲料のようにガスの気泡が生じてしまいます。そして、その下がってしまった圧力を元の圧力に戻そうとする力によって、ある瞬間に滑液という潤滑液が一気に関節の隙間へと流れ込み、ポキッという音を生じさせるとともに気泡が消えることで生じます。今までは骨が鳴っていると言われてきましたが、最近の研究では実際は骨が鳴っているのではなく、関節が動いたときに生じる気泡の消失で消えるということが判明されました。

仙台市 整骨院 腰痛 肩こり 

なぜ、首をポキポキさせるといけないの?

急激に関節を動かしてポキポキ鳴らしている動作を繰り返してしまうと骨をを支える靭帯が伸びてしまい、関節に炎症を引き起こしてしまい、痛みを生じてしまうこともあります。また、特に首の骨というのはとても繊細な背骨であり、背骨の中を神経や脳に栄養を与える血管などが通っております。そのため、無理に首を捻ってポキポキ鳴らしたりするのは神経や血管を傷つけてしまうこともあるので大変、危険な行為なのです。よく、整骨院や整体院で首を持って捻り、ボキッと鳴らすところもありますが、この行為は本当に危ないので注意しましょう。

首がポキっとなると一時的に楽になりますが、その動作を繰り返していると首の背骨を支える靭帯が伸びてしまい、関節が不安定になりやすくなります。関節が不安定になることで背骨を安定させようと筋肉が緊張を起こしてきます。その結果として肩こりや首のこりを起こしてしまうのです。首をポキポキ鳴らしてしまう方の特徴としては同じ動作を長時間続けていると肩や首が苦しくなる傾向にあります。首の骨を鳴らせば鳴らすほど首は悪くなり、肩こりや首の痛みを悪化させます。

ポキポキ鳴らしたくなったらどうするか?

今までの習慣でどうしても首が苦しくなるとポキっと鳴らしたくなる傾向にあると思いますが、そのような時はゆっくりと片手で頭をゆっくりと前斜めに倒すストレッチをしてみましょう。例えば右手で頭の左半分を抑えるような感じで右手で右斜め前方にゆっくりとストレッチをかけていきます。その状態で10秒程度を維持しましょう。そして次に反対の手で右頭半分を抑えて左斜め前方に倒していきます。これを左右2回ずつ行いましょう。それでも苦しさが続く場合は首の後ろを保冷剤をタオルに包み10分程度冷やしてあげると効果的です。

首をポキポキ鳴らすのを2週間ほど我慢してもらうと不思議な事に同じような姿勢を続けていても肩こりや首のこりを感じなくなるようになります。そして首をポキポキしなくてもいいような状態になります。逆に鳴らしたくてもならなくなります。そうなると首の背骨も安定してきて筋肉への負担が軽減されます。

指を鳴らすと太くなるのか

よく指を鳴らしすぎると指が太くなると聞いたことはありませんか?それは実際どうなのかといいますと指は太くなります。指が太くなると言うよりは指の関節の部分が太くなるのです。それは何故かと言うと、指の関節を鳴らすことで関節が炎症を起こします。その炎症が続くことで関節の靭帯が肥厚したり、関節が変形などすることで関節の部分が太くなってしまうのです。

まとめ

ポキポキという音は骨が鳴っているのではなく、関節の部分から出る気泡が圧力差で消失するときに生じる音であり、音がすると一時的には楽になりますが、その習慣を続けていると背骨や筋肉に負担がかかることになります。特に首の骨や腰の背骨を鳴らすのは大変危険な行為ですので気をつけましょう。苦しい時はゆっくりとストレッチを行い2週間ほど我慢してみましょう!2週間するとあなたの首は今までと違った状態になります。是非、頑張ってトライしてみてください。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

フェイスブック

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

友だち追加


施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
ご連絡先電話番号 *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。