- Blog記事一覧 - 肩こりの記事一覧

肩こりの記事一覧

簡単にできる肩甲骨はがしの効果とは?

2018.11.01 | Category: 体の仕組み,姿勢,肩こり,首のこり

腰痛肩こり・背骨矯正専門】仙台市宮城野区の治療院アテオスです。肩こりを抱えている多くの方は姿勢が崩れており、頭の位置が前方に位置し、肩が前に入り込みがちで肩甲骨の動きが悪くなっている方が多い傾向にあります。肩甲骨には腰からの筋肉や首の筋肉、背中の筋肉と様々な筋肉が付着しております。そのため、肩甲骨の動きが悪くなると肩こりだけでなく、腰痛、首の痛みにも影響を及ぼします。

肩こりは肩甲骨はがしストレッチで解消できる!?

肩や首回りのコリがひどい人や普段から姿勢が悪い人に肩甲骨周辺の筋肉が凝り固まっているケースが多く見受けられます。このコリが慢性的になってしまうと自分でマッサージする程度ではつらい肩こりや痛みはなかなか解消されません。この肩甲骨周辺のコリをほぐすには「肩甲骨はがし」と言う肩甲骨を中心に動かすエクササイズが有効的です。今回は肩や首のコリの正体と肩甲骨はがしで解消する方法を自分で出来るセルフケアとパートナーにやってもらう方法についてご説明していきます。

なぜ肩や首はこってしまうのか!?

首や肩の周辺には様々な筋肉があります。特に首や背骨の後ろから肩にかけて広がる僧帽筋と首筋にある肩甲挙筋という筋肉は肩こりに影響しやすい筋肉です。もし肩こりの症状が現れた場合は僧帽筋の首周辺の上部線維と肩甲挙筋が常に縮んだ状態になっている可能性が高いです。ではなぜこれらに筋肉が縮んだ状態にあるのか?それは体重の10%とという重い頭を支えているのがこの僧帽筋と肩甲挙筋なのです。特にデスクワークやスマホを長時間使用する姿勢というのはこれらの筋肉にかなり負担がかかることになります。その結果として僧帽筋と肩甲挙筋が硬くなり肩こりや肩甲骨の動きを制限してしまうのです。

肩甲骨ストレッチで肩こりを解消しよう

正面を向いたまま頭を左に倒して耳を左肩に近づけて止めます。これを30秒キープします。首から肩に広がる僧帽筋上部線維を効果的に伸ばすことができます。頭を左に向けて倒したら鼻を左肩に近づけて30秒間キープすることで首筋にある肩甲挙筋を効果的にストレッチすることができます。両腕を開いて肘から上を天井に向けたまま肩甲骨を下方向に動かします。十分に下まで下がったと感じたら、その状態を5秒キープしその後元に戻します。この動作を10回から20回繰り返します。たったこれだけで上部線維と肩甲挙筋を伸ばす高いストレッチが期待できます。

肩こりから来る頭痛に悩まされていませんか

肩こりを放置してしまった結果として肩こりの症状がさらに悪化し、しかも頭痛など肩こりとは別の症状を引き起こすケースが少なくありません。肩こりからくる頭痛は命に関わる重篤なものではありませんが肩こりと頭痛が同時に起こる症状は不快な場合が多いです。肩こりからくる頭痛は首の動脈が圧迫されて血の流れが悪化してしまうため頭部への血流の供給不足からくるものです。そのためこうした場合は原因となっている筋肉のコリをほぐして血行を促進してあげることが大切です。肩甲骨はがしは効率よく緊張して凝り固まった筋肉を柔らかくほぐしてくれるので肩甲骨はがしを習慣化することをお勧めいたします。また肩甲骨はがしと並行して頭痛の症状を改善してくれるに以下の食品を摂取することをお勧めします

1大豆

2生姜

3梅干し

4わかめ

5ネギ

6にんにく

7青魚

また肩甲骨ストレッチ以外にも肩甲骨を直接動かすストレッチも動画で説明しております。

https://youtu.be/bdRuGTZRH-Q

この肩甲骨はがしの動画は肩こり頭痛だけではなく腰痛を持っている方にもとても効果的なので是非動画を参考にしてみてください。動画でご紹介している肩甲骨はがしはかなり効果的なのでお互いにやってあげましょう(^ ^)

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

治療動画

フェイスブック

インスタグラム

ご相談、お問い合わせはこちらからお気軽に(^ ^)

友だち追加

痛み、不調は骨格の問題だけではない!?

2018.10.18 | Category: 体の仕組み,整体,症例内容,肩こり

腰痛肩こり・背骨矯正専門】仙台市宮城野区の治療院アテオスです。今回のブログでは症例について書いていきたいと思います。当院では背骨、骨盤、神経の施術をベースに行なっておりますが、患者さんの状態によってはそれが原因でない場合もあります。逆に症状と骨格の検査を行なって、当てはまらないものに関しては特殊な検査法を用いて施術を行なっていきます。

仙台市 整骨院 腰痛 肩こり 不調

患者様の主訴・症状

右肩と右首の痛み、右目のドライアイ、胸のつかえる感じの症状でした。右肩と右首の症状はここ数日は起床時からあったということでした。そこでいろいろと背骨の検査や筋肉の状態を調べてみてもこれらの症状と一致する問題は検出されませんでした。そこで、このような患者様のケースの場合は当院ではアプライドキネシオロジーという施術方法を駆使して施術と検査を行なっていきます。

アプライドキネシオロジーとは?ウィキペディア(Wikipedia)より引用

このアプライドキネシオロジーをベースに用いた施術テクニックで筋肉からの情報を元にどこに原因があるのかを調べて施術を行なっていきます。今回の患者様のケースでは栄養の偏りと肝臓の問題が検出されました。肝臓といっても肝臓を施術するわけではありません。しかし、筋肉と各臓器、歯などは関連しております。そのため、内臓が不調を感じていたり、噛み合わせが悪かったりなどでも体に痛みやバランスを崩すこともあるのです。

背骨ではなく膜のリリース

まず、先ほどお伝えした栄養の偏りですが、糖分の過剰摂取と炭水化物の取りすぎが出ておりました。糖分の取りすぎは体に炎症反応を引き起こしやすくします。患者様に伺ってみると最近は仕事のストレスなどで甘いものや菓子パンをいつも以上に摂取していたということでした。糖分の過剰の摂取は膵臓や肝臓に負担をかけます。また、糖分の取りすぎは糖化といってタンパク質と糖分が結合して糖化を引き起こします。糖化とは簡単に言えば「焦げ」です。極端に言えば細胞が焦げてしまうということです。この糖化は実は腰椎のクッションでもある椎間板にも大きく影響を引き起こします。また、骨にも影響が出ることもあります。他にはがん細胞です。がん細胞は糖分をエネルギーとして繁殖していくとも言われております。このように糖分の過剰摂取は体にとってかなりリスクになるということです。

さて、話が戻りますが、今回のケースでは糖分の取りすぎで肝臓に負担がかかり、肝臓付近の膜が引きつりを起こしていました。肝臓は横隔膜という呼吸に関係する筋肉の下に垂れさがっております。この膜の動きが悪くなることで横隔膜の動きも制限されてしまい、結果的に肋骨の動きも悪くなり、呼吸がしづらいと環境になってしまったとということです。それにより、胸の使える症状を誘発していたのだと思います。また、肋骨の動きが悪くなることで肋骨の後ろにつく肩甲骨の動きも制限されてしまい、肩に症状が誘発されていたのだと思います。

体は全て繋がっている・・・

体は個々の骨格や筋肉、臓器でできているが全ては繋がっているのです。人生も一瞬、一瞬の出来事が最終的には結果的に繋がっているのと一緒です。なので結果としては痛みや症状が誘発されるがその根本は色々な繋がりを遡って施術していくことが大切だと思います。また、そこには固定概念があってはいけないと思っております。この症状だからここの施術が必要!なのではなく、筋肉を通して体が訴えている情報を聞き取り、その情報にそった施術が時には必要なのです。

当院ではその方の体に合った施術方法を様々なテクニックを組み合わせて行なっております。今回のブログでは少し専門的な内容になってしまい理解しづらいところもあったと思います。大変申し訳ありませんでした。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

治療動画

フェイスブック

インスタグラム

ご相談、お問い合わせはお気軽にこちらから(^ ^)

友だち追加

腱鞘炎の原因は実はスマホだった・・・

2018.09.20 | Category: 体の仕組み,指の痛み,肩こり,頭痛

腰痛肩こり・背骨矯正専門】仙台市宮城野区の治療院アテオスです。本日のブログではスマホと腱鞘炎の関係性についてお伝えしていきたいと思います。この現代社会で1日にもスマホを使用しない、操作しない人というのはほとんどいないのではないでしょうか。特に若い方であればあるほど。私もスマホを使わない日というのは1日もありません。しかし、スマホの使いすぎは体にとって大きな負担になるのです。

仙台市 整骨院 スマホ 腱鞘炎 肩こり

スマホはじわじわとやってくる

今のスマホは一昔前よりもだいぶシンプルになり、軽量化が進むことで軽くなり、操作がしやすくなってきたと思います。また、いろいろなアプリやゲームなども増えて常にスマホに時間をとられているのではないでしょうか。このような日常生活の習慣の積み重ねでじわじわと身体や指には負担が蓄積してくるのです。

皆さん、スマホを操作する時はどのように操作をしているでしょうか?

仙台市 整骨院 肩こり スマホ 腱鞘炎

1,片手で持ち、親指で画面を操作する派ですか?

2,反対の手で持ち、人差し指で画面を操作する派でしょうか?

皆さんはどちらでしょうか?腱鞘炎を起こしてしまう操作に多いのが1の片手でスマホを持ち、親指で操作をする人に多く見られます。また、指だけではなく手首にも負担がかかり、手首の軟骨を痛めてしまうこともあるのです。

腱鞘炎とは?

「腱鞘炎」とは指や手には、腱(けん)というヒモのようなものがあります。丸で囲まれた部分が腱鞘になります。筋肉と連動して動かすことで、指や手首を自由に曲げたり伸ばしたりしています。腱が動くときに、骨から離れないように押さえる役割をしているのが、腱鞘(けんしょう)というサヤです。 指や手首を頻繁に曲げ伸ばししていると、腱と腱鞘がこすれ合い、炎症を起こすことがあります。するとその部分が腫れて動きが悪くなり、やがて痛みを発するようになるのです。
とくに中高年になると、腱も腱鞘も硬くなり、血行も悪くなりがちです。そのためパソコン作業やスマホの操作をやりすぎると、炎症を起こしやすく、また回復も遅くなります。
腱鞘炎を悪化させると、ちょっと手を動かすたびに激痛が起こり、日常生活に大きな支障となります。症状の改善法や予防法をきちんと知っておきましょう。

スマホによる体への影響とは?

スマホは先程もお伝えしたようにじわじわと体に負担をかけていきます。繰り返し親指で操作をすることで親指への腱への負担をかけていきます。負担を積み重ねることで炎症をおこし、腱鞘炎へと移行していきます。また、腱鞘炎だけでなく、首にも負担をかけていきます。最近、よく言われているのが「スマホネック」です。スマホを座ったまま長時間使用することで首への負担がかかり、首の痛みや肩こりを引き起こす原因になるのです。その結果として頭痛や腕へのしびれ、目の疲れも引き起こすことに繋がります。

負担をかけないためには?

親指に負担をかけないためには両手で使用することをオススメいたします。片方の手でスマホを保持し、もう片方の人差し指で操作することで指を曲げずに操作が出来るので腱への負担を減らすことが出来ます。腱鞘炎は1回なってしまうと繰り返したり、治りづらいので気をつけましょう!また、スマホを使用して肩こりや頭痛を感じてしまった時は首の後ろを保冷剤などで10分ほど冷やしてもらうと効果的です。スマホを長時間使用し、積み重なるとストレートネックと言って首の背骨がまっすぐになります。そうなると頚椎ヘルニアや頚椎症といったやっかいな状態になってしまうのでこれも気をつけましょう!

まとめ

スマホを片手で使用すると親指への負担がかかり、その負担が腱へストレスを加え炎症を引き起こす原因になります。腱鞘炎は一回のストレスで起こるのではなく、繰り返し加わるストレスで起こります。スマホを操作する時は両手で持ち、人差し指で操作すると指や手首への負担を減らすことが出来ます。また、スマホの長時間の仕様は指だけでなく、首にも負担をかけてしまい、肩こりや頭痛の原因にもなりますのでくれぐれも使用する際は同じ姿勢で長時間の使用を控えましょう。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

治療動画

フェイスブック

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

友だち追加

背骨が歪む原因と重要性とは?

2018.09.14 | Category: カイロプラクティック,体の仕組み,肩こり,背骨,腰の痛み

腰痛肩こり背骨矯正専門】仙台市宮城野区の治療院アテオスです。いつも当院のブログを読んでいただきありがとうございます。今回のブログでは背骨が歪む原因と背骨の重要性についてお伝えしていきたいと思います。私もこのお仕事に就くまでは背骨の重要性とカイロプラクティックを学ぶまでは背骨の重要性についてまったく理解がありませんでした。私の父も整骨院を営んでおり、背骨よりも筋肉が硬い、凝っているから痛みを起こす。と思っておりました。

仙台市,整骨院,腰痛,肩こり,背骨

背骨の役割とは

仙台市,整骨院,肩こり,腰痛,背骨

背骨は人間の体の一番の軸になります。その軸である背骨はだるま落としのように一つ一つの骨が連結して積み重なっております。その積み重なる骨同士の間から神経(上の写真でいうと黄色のものが神経になります)が左右に枝分かれしております。神経とは脳の延長線にあたり、脳からの司令が体をすべての臓器(心臓、肺、胃、肝臓、腸など)や筋肉(腕、腰、足などすべての筋肉)に行き渡ります。その神経を包み込んでいるのが背骨にあたります。背骨は神経を保護する役割を担っております。

背骨の重要性とは

背骨は先程もお伝えしたように神経を保護する役割を担っております。また、背骨は頚椎(首の骨)、胸椎(背中の骨)、腰椎(腰の骨)と24個の骨で成り立っております。この背骨一つ一つに可動域があり、動く角度が決められております。また、背骨はS字状のカーブをしており、このカーブは体への衝撃を緩衝させてくれる作用があります。背骨は脳からの司令を伝える神経を伝えるのは背骨があるからこそなのです。それだけ背骨というのは体、生命、自己治癒力にとって重要な役割をしております。

背骨が歪むとどうなる?

仙台市,整骨院,腰痛,肩こり,背骨

先程もお伝えしたように神経は背骨というトンネルを通り、臓器や筋肉に行き渡っております。脳からの司令が背骨を通って行き渡っているのです。背骨はだるま落としのように積み重なっているので右に歪んだり、左に歪んだり、後ろに歪んだりと移動します。また、背骨同士が狭くなったりもします。その背骨が歪むことで結果として神経を圧迫したりするのです。神経は例えで言うとホースのようなものです。ホースの中を通る水は脳からの情報にあたります。ホースをギュッと手で握ると水はどうなるでしょうか?水は出なくなったり、チョロチョロと十分に出ない状態になりますよね?そうするとお花には十分な水が行かなくなり、水不足で枯れてしまう結果になります。体はこの理屈と一緒です。脳からの情報が神経を介して臓器や筋肉に行き渡るのですが、背骨が歪むことで神経が圧迫されると情報が行き渡らなくなり、それぞれの臓器や筋肉が100%の機能を果たすことが出来なくなります。その結果、痛みや体の不調をきたすことになります。また自然治癒力も低下することになり、人間が本来持っている力を発揮できなくなるのです。

背骨が歪む原因とは?

  1. 肉体的ストレス:肉体的ストレスとは体の筋肉の使いすぎや不良姿勢などにより、体に負担が積み重なり起こるストレスを言います。
  2. 精神的ストレス:精神的ストレスとは日々の日常生活の精神的なストレスや仕事のストレスなどの積み重ねで起こるストレスを言います。
  3. 化学的ストレス:化学的ストレスとは食べ物に含まれる添加物や薬などに含まれる化学物質などの服用などにより積み重ねで起こるストレスを言います。
  4. 外傷的ストレス:外傷的ストレスとは転んだり、怪我をしたなどの外的な力が加わることで起こるストレスです。

日常生活で無意識に体にはいろいろなストレスというものが体には複合的に合わさって蓄積していきます。その結果として背骨は少しずつ歪んでくるのです。これらが背骨を歪ませる大きな原因になります。多くの痛みや体の不調というものは原因がわからないことが多いのは少しずつ積み重なったストレスで起きているケースが多いのです。その為にストレッチやエクササイズといったセルフケアが重要視されているのです。

まとめ

背骨は脳からの情報を伝えている神経が通っているトンネル、パイプのような重要性があります。背骨が歪むことで脳からの司令がうまく行き渡らず、体の不調や痛みを引き起こすのです。背骨を歪ませる原因というのは日々の無意識的なストレスにより背骨は徐々に歪んでくるのです。背骨を健康な状態に維持するためには日々、背骨の矯正治療はセルフケアというのが重要になってくるのです。アメリカでは健康のために国民は定期的にカイロプラクティックという背骨の矯正治療をうけております。また、痛みというのは筋肉だけの問題ではなくこのように背骨というパイプをしっかりと調整することが重要なのです。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

治療動画

フェイスブック

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

友だち追加

首の骨を自分でポキポキ鳴らすのは危険な理由

2018.09.10 | Category: 体の仕組み,肩こり,首のこり,首の痛み

腰痛肩こり・背骨矯正専門】仙台市宮城野区の治療院アテオスです。今回のブログではのポキポキについてお伝えしていきたいと思います。ブログを読んで頂いてる方の中には首や肩こりがひどくなると首をポキポキ鳴らしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。私もこのお仕事を始める前までは肩や首が苦しくなると首をポキポキ鳴らしてしまっていました。

仙台市 整骨院 腰痛 肩こり 首のこり 

なぜ、ポキポキ音がするのか?

指や首などの関節を急激に引き離したり、動かしたりすると関節内にある滑液という潤滑液の圧力が下がり、炭酸飲料のようにガスの気泡が生じてしまいます。そして、その下がってしまった圧力を元の圧力に戻そうとする力によって、ある瞬間に滑液という潤滑液が一気に関節の隙間へと流れ込み、ポキッという音を生じさせるとともに気泡が消えることで生じます。今までは骨が鳴っていると言われてきましたが、最近の研究では実際は骨が鳴っているのではなく、関節が動いたときに生じる気泡の消失で消えるということが判明されました。

仙台市 整骨院 腰痛 肩こり 

なぜ、首をポキポキさせるといけないの?

急激に関節を動かしてポキポキ鳴らしている動作を繰り返してしまうと骨をを支える靭帯が伸びてしまい、関節に炎症を引き起こしてしまい、痛みを生じてしまうこともあります。また、特に首の骨というのはとても繊細な背骨であり、背骨の中を神経や脳に栄養を与える血管などが通っております。そのため、無理に首を捻ってポキポキ鳴らしたりするのは神経や血管を傷つけてしまうこともあるので大変、危険な行為なのです。よく、整骨院や整体院で首を持って捻り、ボキッと鳴らすところもありますが、この行為は本当に危ないので注意しましょう。

首がポキっとなると一時的に楽になりますが、その動作を繰り返していると首の背骨を支える靭帯が伸びてしまい、関節が不安定になりやすくなります。関節が不安定になることで背骨を安定させようと筋肉が緊張を起こしてきます。その結果として肩こりや首のこりを起こしてしまうのです。首をポキポキ鳴らしてしまう方の特徴としては同じ動作を長時間続けていると肩や首が苦しくなる傾向にあります。首の骨を鳴らせば鳴らすほど首は悪くなり、肩こりや首の痛みを悪化させます。

ポキポキ鳴らしたくなったらどうするか?

今までの習慣でどうしても首が苦しくなるとポキっと鳴らしたくなる傾向にあると思いますが、そのような時はゆっくりと片手で頭をゆっくりと前斜めに倒すストレッチをしてみましょう。例えば右手で頭の左半分を抑えるような感じで右手で右斜め前方にゆっくりとストレッチをかけていきます。その状態で10秒程度を維持しましょう。そして次に反対の手で右頭半分を抑えて左斜め前方に倒していきます。これを左右2回ずつ行いましょう。それでも苦しさが続く場合は首の後ろを保冷剤をタオルに包み10分程度冷やしてあげると効果的です。

首をポキポキ鳴らすのを2週間ほど我慢してもらうと不思議な事に同じような姿勢を続けていても肩こりや首のこりを感じなくなるようになります。そして首をポキポキしなくてもいいような状態になります。逆に鳴らしたくてもならなくなります。そうなると首の背骨も安定してきて筋肉への負担が軽減されます。

指を鳴らすと太くなるのか

よく指を鳴らしすぎると指が太くなると聞いたことはありませんか?それは実際どうなのかといいますと指は太くなります。指が太くなると言うよりは指の関節の部分が太くなるのです。それは何故かと言うと、指の関節を鳴らすことで関節が炎症を起こします。その炎症が続くことで関節の靭帯が肥厚したり、関節が変形などすることで関節の部分が太くなってしまうのです。

まとめ

ポキポキという音は骨が鳴っているのではなく、関節の部分から出る気泡が圧力差で消失するときに生じる音であり、音がすると一時的には楽になりますが、その習慣を続けていると背骨や筋肉に負担がかかることになります。特に首の骨や腰の背骨を鳴らすのは大変危険な行為ですので気をつけましょう。苦しい時はゆっくりとストレッチを行い2週間ほど我慢してみましょう!2週間するとあなたの首は今までと違った状態になります。是非、頑張ってトライしてみてください。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

問い合わせ、ご予約はこちらから

当院のホームページはこちらから

フェイスブック

LINEの友達登録お願い致します\(^o^)/

友だち追加

施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
ご連絡先電話番号 *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。