- Blog記事一覧 - 2017 6月の記事一覧

2017 6月の記事一覧

夏に起こりやすい腰痛トラブル

2017.06.26 | Category: 腰の痛み,足の疲れ,頭痛,骨盤

「腰痛・肩こり・背骨矯正・交通事故専門の治療院アテオス」です。

これから夏に向けて暑くなり、サンダルを履く方が多くなってきます。しかし、そのサンダルが腰痛を引き起こしたり、足裏のトラブルを招くことになるのをご存知でしたか?サンダルだけでなく、ヒールも一緒に腰痛を引き起こします。

サンダルはかかとが固定されない為、足に負担がかかる

サンダルの場合、踵(かかと)が包み込まれないために歩くたびに踵に遊びが生じます。そして、足の趾は無意識のうちにサンダルが脱げないように反って歩く状態で歩行しようとします。そうすると足を持ち上げる前側のスネの筋肉が緊張します。また踵が固定されない状態で歩くと、ふくらはぎの筋肉が異常に緊張を起こしてきます。多くのサンダルはアーチをしっかりと支えることが出来ないので長時間歩くと、よりふくらはぎに負担がかかります。

 

足の筋肉が緊張を起こすと何故、腰痛になるのか

足の筋肉は重なり合って、骨盤に付着しているので足の筋肉が緊張して、負担がかかってくると結果的に骨盤を歪ませ、腰痛の原因になります。また、足の筋肉が異常に緊張を起こしてくると、筋肉の下にある神経が圧迫を受けて、足のしびれを引き起こすこともよくあります。腰痛だけでなく、足の付け根が痛くなったり、お尻の上が痛くなったりします。また、筋膜という筋肉の上にはラップのような膜が張りめぐらしており、足の筋膜は頭の前頭部までつながっております。サンダルで足の筋肉に負担がかかることで筋膜も緊張を起こし、頭痛も引き起こすこともあるのです。それだけ履物というのは重要なのです。

サンダルを長時間、履いたあとは・・・

足の筋肉は全て足の裏(足底)に付着しております。つまり、足の裏の筋肉の緊張を取ってあげることがとても大切になります。当院では青竹踏みやゴルフボールで足底の筋肉を緩めてあげることをオススメしております。立ち仕事が多い人や安全靴を履く方、ヒールでの仕事が多い方にも効果的です。ふくらはぎが疲れやすい方にもオススメです。青竹踏みの場合は50回程度、ゴルフボールなら足裏でボールを転がしながら、1分程度。ゴルフボールが痛い方は野球の軟式ボールなどがいいと思います。

*足裏の刺激なら健康サンダルでもいいのでは?と思う方もいらっしゃいますが、健康サンダルはご注意!刺激が強すぎて、足裏の皮膚を硬くしてしまい、結果的に皮膚の柔軟性がなくなり、皮膚のひび割れを誘発するので、気をつけてください。

これからの季節はサンダルが多くなるので、サンダルを履いたあとには腰痛予防としてお試しくださいね。青竹、ゴルフボールは一家に一つあってもいいかもしれませんね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

気をつけて!こどもの骨盤の歪み

2017.06.16 | Category: 姿勢,骨盤

「腰痛・肩こり・背骨矯正・交通事故専門の治療院アテオス」です。

昔に比べて運動量が激減した現代のこどもたちは体幹を鍛える機会が少なく、骨盤も安定しにくいと言われています。歪みや不調が定着する前に、骨盤バランスをきちんと整えましょう。

骨盤を中心とした体幹が安定してないと・・・

和式トイレが減少し、ぞうきんがけの習慣や舗装されていない場所で遊ぶ機会も少なくなった現代。体の動かし方のバリエーションが減ったため足首が硬くなりやすく、その影響から骨盤バランスが崩れやすい状況にある可能性もあります。骨盤バランスが悪いと体幹が不安定になるだけでなく、運動能力の低下や成長痛、骨の変形などさまざまなトラブルをも招きかねません。日頃から子供の骨盤バランスを気にかけ、柔軟性などをチェックしましょう。

チェックして!こどもの骨盤SOS 

☑︎体がかたく、前屈しても手が床につかない

☑︎右足と左足の長さが違う

☑︎各関節がかたく、しゃがめない

☑︎反り腰気味

☑︎かかとをついてしゃがめない

☑︎悪い姿勢で長時間座っていることが多い

☑︎野球やテニスなど体をひねるスポーツをしている

なぜ、子供にとっても骨盤が大事なのか?

骨盤に限らず、子供の骨はきちんと固定されておらず、バラバラの状態。体の成長とともに骨もつながり、骨も成長していくため、バランスが悪い状態で固定してしまうと、痛みや違和感の一因となる可能性もあります。また、骨盤が歪んだまま成長すると体幹が安定しないだけでなく、筋肉バランスが崩れて体に硬さが生じやすくなるため、柔軟性も低下しがちになります。すると縄跳びや跳び箱、逆上がりが苦手・・・というように運動パフォーマンスが低下しやすくなるほか、筋肉も緊張しがちになるため、成長痛の原因にもなりかねません。一般的に、骨盤が完成すると言われているのは20歳前後。成長期に負荷をかけ過ぎずに骨盤周辺の環境を整えておくことが成人後の腰痛や不調を防ぐ重要なポイントなのです。

子供のうちは、筋力よりも体幹を鍛えることが大切

人生において、運動神経がもっとも発達するのは10歳くらいまでと言われております。このゴールデンエイジにバナランスよく体を動かして、体幹を鍛えることが、運動パフォーマンスを上げる最大の秘訣。とは言え、過度にスポーツをすることで特定の部位や体の末端だけを使いすぎると、骨の成長よりも先に筋肉が発達し過ぎてしまい、骨盤のバランスが悪くなりやすい状況に・・・子供にとって大切なのは、筋力アップよりも体幹をしっかりと鍛えること。骨盤を中心とした体幹がきちんと安定していると柔軟性やバランス感覚、持久力が自然と養われるため、思うように体を動かせるようになり、結果的に運動パフォーマンスのレベルアップも見込めるのです。

成長痛を和らげるためにも、骨盤を含めたアプローチを

成長痛とは、骨が伸びるスピードに筋肉の発達が追いつかず、筋肉が引っ張られる際に発生する痛みのこと。そのピークは8歳から10歳頃と言われ、膝や向こうずねの痛みなど、下肢に発生する痛みは骨盤に原因がある場合が多いそうです。その場合、骨盤が歪み、傾くことで周辺の筋肉のテンションに影響し、筋肉がかたくなることで痛みが発生するため、湿布やスプレーなどの対処療法だけでは根本的な改善が望めません。まずは、全身の動きの基礎となる骨盤を整えるのが先決。また、中には子供では自覚しにくい成長期特有のトラブルもあるため、成長痛のケアは痛むところだけを処置するのではなく、骨盤を含めて、体のバランス全体にアプローチをすることが大切です。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

産後の骨盤は緩んで、開いている時がチャンス!

2017.06.09 | Category: 産後骨盤,頭痛,骨盤

「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

赤ちゃんを産んだお母さん、こんな悩みを抱えていませんか?

骨盤に起こる変化が体に影響を与えています

骨盤は真ん中の仙骨と左右の腸骨の3つで構成されております。

分娩時には仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節が前に倒れて仙骨が後傾。そして、胎児をスムーズに押し出す為に恥骨結合が最大限に開きます。このとき、恥骨からお尻にかけての筋肉・骨盤底筋群も緩む為、産前産後は尿もれに悩む人が多いのです。また、この状態を放置する事で、体型が変わったり、肩こりや頭痛に悩まされたり、様々な症状が出てくる可能性が!骨盤が開いて、動きやすくなっている出産後は、骨格を基礎から立て直すチャンス!

1日も早く元のボディーラインを取り戻しましょう。

年齢を重ねても、健康な体である為に!

現在は昔のように出産直後の骨盤をサラシで固定する習慣がないため、骨盤が開いたまま固まってしまう人が多いそうです。とはいえ、骨盤ベルトも正しく装着しないと逆に骨盤の歪みを招いてしまいます。こうした骨盤のひずみを放置したままでいると、骨盤が前傾して股関節も捻れ、O脚や外反母趾、膝の痛みの原因になる可能性も。

また、早く骨盤を戻したいが為にニッパーやコルセットなどで胴を締め付けると、本来骨盤内に収まるべき子宮や直腸が押し下げられ、痔や脱肛、子宮脱子宮脱などを起こしかねません。ホルモンバランスが乱れて筋肉が低下する更年期を迎えた時にこうしたトラブルがないよう、産後すぐの人はもちろん、産後ケアをしなかった人も今から産後ケアを始めましょう!

骨盤矯正のタイミング

出産から3ヶ月までの産褥期が体にとって重要な時期です。

出産後の女性の骨盤は変化しやすい状態にあるので、正常に戻しやすい時期です!今まで歪んでいた骨盤もこの時期は骨盤が開き、緩んでいるので今までの歪みを調整するいいタイミングにもなります。

もしかするとあなたも産後の骨盤ケアが必要かも?

まずはチェック!!!

  1. おなかがぽっこりしてきた
  2. お尻が垂れ、洋ナシ型に
  3. くびれがなくなってきた
  4. 少しずつO脚になってきている
  5. 腰痛が酷くなった
  6. 尿もれがある
  7. 足の長さが左右で違う
  8. 産後から肩こりを感じ、なかなか治らない
  9. 足がむくみやすい
  10. 頭痛がある

当院では産後の骨盤ケアと一緒にストレッチ法やエクササイズもその方の体にあった方法をお伝えしたおります。

むち打ち症は甘く見ると痛い目に遭う

2017.06.03 | Category: 交通事故・むち打ち,首の痛み

「肩こり・腰痛・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

これから夏に入る前の嫌な時期がきますね。あじさいの花が元気になる季節です。「梅雨です」今年も猛暑になるみたいです。皆さん熱中症には気をつけてこまめな水分補給を!実は梅雨の時期は湿度が高いせいで熱中症を起こす可能性も多いんですよ〜。

さてさて梅雨の時期に大きく関わってくるのが交通事故・むち打ち症です!

何故?梅雨の時期に交通事故が多いの?

梅雨に入ると雨の日が多くなり、視界が悪くなります。そして、雨の日は送り迎えや、タクシーの増加も伴い交通量が増します。歩く人も傘をさして歩くため、下を向いて歩いたり、視界も傘により狭くなる傾向にあります。これらが合わさり、交通事故を引き起こしやすい状況になるのです。また、気圧が低いと副交感神経と言って、体をリラックスさせる神経が高くなるので、眠気を感じやすくなり、車の運転中などにボーっとする傾向にあります。

むち打ち症は軽視されがちである

むち打ち症を経験した方はわかると思いますが、むち打ち症はしっかりと治さないと、季節によって症状がぶり返したり、頭痛を感じたりします。そのような方々を見ていると、私の経験上ではありますが、交通事故のむち打ちにより、首の背骨が歪んでいる傾向の方が多いです。

<むち打ち症はレントゲンには写らない>

むち打ち症や交通事故にあった場合は多くの方は病院に行って、検査を受けると思うのですが、実はむち打ち症はレントゲンにはよほどの大きな事故でないと写らないことが多いです。その為、軽視され、むち打ち症くらいなら・・と甘く見られることもあるのですが、実は!適切な治療、適切な期間しっかりと治療しないと後々、痛い目にあってしまうのです。しかも辛いのは病院の先生や整骨院の先生ではなく、ご本人なのです。

画像には写らないからこそ触診が大切

レントゲンで異常が分かれば、どこの首の骨に異常が出ているとかわかりますが、写らないとわかりませんよね。私たちは治療や検査をする際に常に患者さんのお身体を触診し、視診して体全体で異常を感じております。その為、些細な筋肉の変化、関節の変化もわかります。その最初の検査が重要になるのです。交通事故にあった際の背骨の歪みを放っておくと、梅雨の時期や気圧の低い天気の時に首の痛みが誘発したり、頭痛を引き起こす原因にもなるので、むち打ち症は甘く見てはいけないのです。しっかりと適切な治療を受けることをオススメいたします。

 

施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
ご連絡先電話番号 *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。