- Blog記事一覧 - 2017 9月の記事一覧

2017 9月の記事一覧

肩こりからくる頭痛、頭の不快感をスッキリ!

2017.09.28 | Category: 姿勢,肩こり,背骨,頭痛

「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

最近はデスクワークが多くなり、パソコンの使いすぎ、ゲームのしすぎ、スマホの使いすぎなどで頭痛や頭がスッキリしないと言う方が多くいらっしゃいます。

頭痛には眼精疲労からくるもの、肩こりからくるもの、姿勢の問題からくるものや電磁波の影響、ストレスの影響によるものなど発生原因は様々です。

そこで皆さんの頭スッキリ度をチェックしてみましょう!

日頃、こんなことで悩んでいませんか?もし、思い当たる項目があるなら悩みを原因から取り除き、スッキリとした環境を目指しましょう。

頭痛の9項目のチェックをしてみましょう

1ほぼ毎日、頭がスッキリしない              yes □ no □

2頭が締め付けられるように重たく感じる          yes □ no □

3頭全体、もしくは後頭部や首すじに痛みを感じる      yes □ no □

4家事や仕事、勉強もできなくなるほどつらい        yes □ no □

5動くと多少は楽になったように感じる           yes □ no □

6つらいときは、いつも首や肩こりの症状を感じる      yes □ no □

7つらいときは、マッサージやストレッチをしたり、     yes □ no □

お風呂に入ったりすると楽になったように感じる

8つらいときは、吐き気やめまいも伴う           yes □ no □

9腕にもだるさやしびれを感じることがある         yes □ no □

yesの個数が

2個以下・・・スッキリしない度20%

3〜5個・・・スッキリしない度60%

6個以上・・・スッキリしない度90%

頭の不快感にお悩みの人は首の後ろやこめかみを保冷剤をタオルにつつみ10分冷却してあげると頭がスッキリしますよ!普段の姿勢の悪さが頭の不快感につながっている可能性もあるので、デスクワークやスマートフォンの操作時などの姿勢に気をつけてみましょう!

頭をほぐしたい人が増えています

最近、美容室やエステサロンで行う頭皮のトリートメント”ヘッドスパ”が、幅広い世代の間で流行しています。バラエティショップなどでもセルフケア用の頭皮用マッサージグッズや頭皮ケアアイテムが種類豊富に並んでおります。と言うことはそれだけ多くの方が頭のモヤモヤやコリを感じているとも言えます。頭部や首、肩をほぐして柔軟な状態に保つことは大切です。

頭蓋骨は常に動いている

当院では頭蓋骨にも着目して施術を行なっております。それは頭蓋骨は呼吸と一緒に開いたり、閉じたりと常に動いており、頭蓋骨が動くことで脳脊髄液という水が体全身に行き渡り、体の情報を脳脊髄液が伝道しております。実は頭皮の硬さがあるとこの頭蓋骨の動きが制限され、脳脊髄液がうまく循環しなくなり、体の情報共有もうまく出来なくなります。頭蓋骨を正常に動かすためにも頭皮の硬さは重要になります。

頭のつらさを感じたらまずは病院へ

頭がズキズキするといっても、その程度や頻度は人によってさまざま。ただし、今までに感じたことの内容なズキズキが起こった場合は思わぬ病気が隠れていることも考えられるため、まずは病院で診察を受けましょう!年齢が50歳以上の人や日増しにズキズキがひどくなってきた人、手のしびれや動きが悪いと感じる人は急いで受診を!検査の結果、問題がなく、処方された薬を服用し終えたのにスッキリしない・・・という場合は接骨院や治療院で背骨や筋肉、姿勢のチェックをしてもらうのもおすすめです。

頭痛に効果的なツボ

1百会

2風池

3合谷

気持ちいいとおもう強さで2分くらい押す。

呼吸に合わせて息を吐きながら押すと効果的です。

是非、お試しください!

病院へ行っても、異常がなく、ストレッチや首の冷却をしても頭痛、頭がスッキリしない方は当院へご相談ください。姿勢不良、背骨の歪み、筋肉のアンバランスにより起きている可能性があるので、施術することで改善されるケースも多くあります。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

膝の水が溜まるのは抜いたほうがいいの?

2017.09.19 | Category: 体の仕組み,姿勢,膝の痛み,足のトラブル,骨盤

「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

今回は「膝の痛み、水が溜まる」について書いていきたいと思います。

当院は腰痛・肩こり・背骨矯正専門ですが膝の痛みや水が溜まって(水腫と言います)膝が痛いと言う方もいらっしゃいます。実は膝の痛みや水腫は腰痛や背骨、骨盤の歪みとも大きく関係しているんです。

膝に溜まった水とは?

関節にはスムーズに関節が動くために必要な潤滑液(滑液)が存在します。この滑液が過剰に放出されると膝に水がたまり水腫になるのです。水腫がたまると膝全体がびまん性に痛くなり、パンパンになってきます。では、なぜ水が溜まるのか?と言うと。膝の関節に炎症が起きているから滑液が過剰に排出され炎症を抑えようとしているのです。簡単に言えば炎症があるから水が増え、炎症を抑えようとするのです。逆に水を注射などで抜いてしまうと炎症を抑えようともっと過剰に滑液が排出されることになります。

なぜ炎症が起こるのか?

外傷(捻った、ぶつけたなどの外力が働いた場合)以外の膝の痛くなる、炎症が起きるケースとしては膝の関節のアライメント異常にあります。滑液は膝の関節が正常な状態で動くことで滑液が正常に放出されスムーズに関節が動きます。しかし、この関節のアライメントが崩れると滑液がうまく放出されず、骨と骨の摩擦係数が高くなり、熱が発生し、炎症が起きるのです。そして炎症に過剰に反応し、滑液が余分に排出されることになります。膝の水は必要だから出ている体の自然な現象と言うわけです。

結論から言うと、単に水が溜まったからといって簡単には水を抜かない方がいいと言うことです!

なぜアライメント異常が起きるのか?

膝の痛みを訴える方の多くは足首に問題があったり、骨盤の歪みがあったり、股関節に問題があったりします。また背骨の歪みにより神経が圧迫されて筋肉が脆弱し、膝の関節に負担がかかるケースもあります。例えば、足首に関して言うと、土踏まずがなくなり(アーチが低下)足首のアライメント異常の代償で膝の関節も捻れてスムーズに関節が動くなる結果として膝に痛みや水腫が起こります。水腫だけではなく、ひどくなると半月板にも影響を及ぼすこともあります。

単独では悪くならない

外傷がない限りは膝の痛みは膝の問題だけではなく、全身が影響していると言うことです。足首、股関節、骨盤、背骨そして姿勢です。これらの問題をしっかりと検査し、適切な施術を施さない限りは根本的には改善しなく、次第に痛みだけをとっていると関節に負担がかかり膝の関節自体が変形していくことになるのです。逆に全身の施術を行なっていると自然に膝への負担も軽減し、痛みや水腫が改善される方もいらっしゃいます。

体は全て繋がっている

体は脳からの指令から始まり、神経を通して内臓や筋肉、自律神経に働きかけます。この神経は背骨や骨盤を経由して全身に行きわたります。指令は全て背骨、骨盤を通して繋がっていることになります。例えばホースを背骨に例えるとわかりやすいと思います。ホースの中を通る水は脳からの指令です。ホースをぎゅっと抑えたら、水はうまく流れませんよね?つまり花に栄養が届かないと同じで、全身にうまく情報が伝わらなくなるのです。そのような根拠から当院では膝の痛みでも膝の痛みでも足の痛みでも腕の痛みでも背骨と言うものを重要視しております。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

多くの腰痛は原因不明・・・

2017.09.06 | Category: しびれ,体の仕組み,姿勢,発生原因,肩こり,肩の痛み,背骨,腰の痛み,頭痛,骨盤

「腰痛・肩こり・背骨矯正専門も治療院アテオス」です。

日本の腰痛人口は2800万人と言われております。

これだけ日本では腰痛に悩まされている方が多くいらっしいます。

皆さん、初めて腰痛に悩まされた時、どうしますか?

おそらく病院にいくと思います。

しかし、多くの方は原因がわからず、使いすぎや年齢のせいにされ、根本的な原因が伝えられている方はごくわずかです。

病院では様子をみましょうと言われる

最初に腰痛や足のしびれを感じた方は多くのケースでは病院へ行き診察を受けると思います。病院ではレントゲンやMRI撮影を行い、背骨や骨に問題がないか検査を行います。背骨や椎間板に異常があれば「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「腰椎分離すべり症」などと診断名がつくと思います。原因が明らかではなく、画像診断にも異常が見られない場合は「腰痛症」「椎間板症」などと言われるケースもあります。その他には「使いすぎ」「体重」「年齢によるもの」と言われ、少し様子をみましょう。湿布や痛み止めの処方ではないでしょうか。

発生原因と根本原因は違う

以前にもブログで書きましたが発生原因と根本原因は違うのです。

参考までにhttps://ateosu-seitai.com/post/post-1067

発生原因は日々の日常で体に負担をかけている原因です。その発生原因が体に影響を及ぼし、痛みや不調を出しているのが根本原因になります。

この根本原因の多くは画像診断(レントゲンやMRI)ではわからないことが多いのです。そして根本原因がわからなければそれに対しての治療法もないということになります。炎症や痛みだけを抑えるのは治療ではなく、対処療法になります。つまり、根本原因に対しての根本治療になっていないということです。

では、多くの腰痛の原因は何なのか?

長年の慢性腰痛は日々の生活習慣の積み重ねで起こります。転んで怪我をしたり、足を捻ったりする怪我とは発生機序が違います。日々の生活習慣、つまり発生原因の積み重ねで体に負担が加わり、姿勢が歪み、背骨が歪み、筋肉にアンバランスが生じ、腰痛だったり、肩こりだったり、足のしびれを誘発します。

当院が考える多くの腰痛の根本的な原因は姿勢の歪みと背骨の歪みです。

根本的原因を短期間で治す魔法はない

姿勢の歪みや背骨の歪みは短期間で起こるものではなく、長年かけて起きていくものです。ある意味、その人の人生の歴史の結果です。その姿勢と背骨を短期間で例えば2週間や1ヶ月で整えるのは不可能です。時間かけて悪くなった体の歪みは時間をかけて整えていくしかないのです。ただ、痛みは根本原因を治療していく段階で人によっては短期間で改善される方もいらっしゃいます。ただ、これらは一時的な症状の緩和にすぎないのです。

このように多くの腰痛や肩こり、体の不調に大きく関係している原因は日々の生活の積み重ねで起きた背骨の歪みや姿勢の歪みです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

不良姿勢による体への影響とは?

2017.09.02 | Category: 姿勢,肩こり,肩の痛み,背骨,腰の痛み,頭痛,首の痛み

「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

ただ単に姿勢が悪い・・・

背中が丸い・・・

実は姿勢というのは体への不調や痛みに大きく影響することをご存知でしたか?最近ではスマートフォンやタブレット、ゲームの影響で子供から姿勢が悪くなっていることが非常に多くなっております。

では、何を基準に姿勢がいいのか悪いのか?

重心線という基準線

地球上に存在するものは全て重力が垂直にかかります。例えば直径5センチの円柱があるとすれば、この面全体に重力はかかります。この時、面全体に重力線が存在します。人間の姿勢にもこの重心線となる基準があります。

重心線が通るポイントが5つ存在します。

1、耳の穴

2、肩峰(肩甲骨の端の骨)

3、大転子(股関節)

4、膝

5、外くるぶし

これらのポイントが重心線に対して一直線に位置している状態が理想の姿勢になり、体にとって一番負担のかからない姿勢になります。

重心線よりポイントのブレが大きいほど不調をきたす

この重心線よりも5つあげたポイントのズレが大きいほど体に不調をきたしやすくなります。そして、重心線よりもズレが大きくなると、体が無意識にバランスを保つために補正作用が働きます。この重心線のズレや体の補正作用は昨日、今日とすぐに一瞬で起こる訳ではなく、日々の習慣で徐々に進行していくため、気づかないのです。まして、症状や体の不調をきたすまではものすごくタイムラグがあります。

もっとも多い不良姿勢・・・

臨床上、もっとも多い姿勢はどんな姿勢なのか?

以下のような姿勢が非常に多いです。

Aが理想の姿勢になります。Dは頭が前方にいき、耳の位置が肩よりも前方の位置している状態になり、頭の位置のバランスを保とうと補正作用で腰を反って、骨盤を前方に突き出し、股関節が重心線よりも前方に位置している状態になります。

このタイプの姿勢がもっとも多い傾向にあります。

常に首に負担がかかっている頭の重さ

人間の頭の重さというのは体重比で8%〜10%と言われており、50キロの人では5キロの重さがあります。このくらいの重さの頭が肩より前方に位置することで2倍、3倍の負担が首や肩、背中にかかるのです。頭が前方に行くと、首の骨や筋肉にも負担がかかり肩こりや頭痛、首の痛みを起こします。

姿勢の歪みは頭の前方移動から始まる

姿勢の歪みとは頭の位置により、姿勢や背骨の代償作用で歪みが進んで行く。姿勢の進行は子供が机に座り文字を書いたり、絵を書いたりする時期から始まって行くのです。頭の位置が前方に行くことで肩や背中の筋肉が頭を支え、背中が丸くなり、上半身全体を支えるために無意識に腰を反ってバランスをとっていきます。その結果として腰にも負担がかかり腰痛を引き起こします。それに伴い、背骨もズレて椎間板ヘルニアや坐骨神経痛などにもなりやすい環境になります。

姿勢の歪みは痛みだけではない

姿勢の歪みは単なる肩こりや腰痛だけではない。背骨からは自律神経や迷走神経という内臓にいく神経も出ているため、内臓の機能にも大きく影響していると言われております。臨床では姿勢をよくしていくことで生理痛や頭痛、胃の調子、便秘なども改善される方もいらっしゃいます。また、代謝が上がることで体温も上がり、免疫力にも影響してきます。

理想の姿勢はメリットばかり!

・基礎代謝アップ

・運動のパフォーマンスアップ

・ケガの予防

・免疫力アップ

・メンタル面でもポジティブ

・スタイルにも影響

上記以上にもメリットがたくさんあります。皆さんも姿勢について少しでも気にしてみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療

24時間ネット予約





* は入力必須項目です。

お名前 *
ふりがな *
ご連絡先電話番号 *
メールアドレス *
郵便番号
住所
当院からの連絡方法はどちらをご希望でしょうか? *
メールお電話
痛みの箇所にチェックを入れて下さい
ご予約の方は希望の日付・お時間(第2希望まで)をご記入ください。*
また、ご質問、お問い合わせの内容がありましたらご記入ください。