- Blog記事一覧

Blog記事一覧

パソコン作業で目の疲れ、肩こりでお悩みの方

2018.04.19 | Category: 姿勢,肩こり,背骨

仙台市宮城野区の「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

最近、院長の私もパソコン使用することが多く、夜な夜な自宅でパソコンとにらめっこです。

そこで気づいた事がありました。

パソコン作業をした次の朝は寝起きが最悪です・・・

めまいのようなフラフラした感じが朝から感じます。

そこで・・・

ブルーライトカットのメガネを買う

何か対策がないかと思い、いろいろ検索していたら・・・

ブルーライトカットのメガネ発見!

思ったよりも値段が安かったので本当に効果があるのかどうか不安でしたがとりあえず購入してみました。

数日後、商品が届いたので早速、装着!!

その夜に2時間程のパソコン作業!!

翌朝・・・・・・・・・・・

全然平気!!!!

僕には効果抜群でした(^o^)

パソコン作業で目が疲れたら・・

デスクワークの方は1日何時間もパソコンと向き合い、仕事の後半は目が疲れて肩こりを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正直、パソコン作業を何時間もしていては目が疲れるのは仕方がないことです。

私もパソコン作業をすると目が疲れます・ω・

ただ、ブルーライトカットのメガネをかけるようにしたら目の疲れも軽減したような気がします。

他に効果的なのがこちら↓

両目を閉じたまま、軽く眼球を上から15秒程圧迫してあげる。

温かいタオルなどで目を包み込むように軽く当ててあげる。

目と肩の筋肉は関連している

実はよく肩こりを感じる僧帽筋という肩の筋肉は目と関連してるのです。

目の使いすぎや目の疲れが肩の筋肉に影響を及ぼし、肩こりを感じる方もいらっしゃいます。また、この肩の筋肉は頭を支える大きな筋肉でもあります。

とくに女性は筋力が弱いために頭を支える筋肉に負担がかかり肩こりを感じやすいとも言われております。

頭の重さは約体重の5%と言われております。

簡単に言えばボーリング球くらいの重さですかね。

長時間のパソコン姿勢が肩こりを起こす理由とは

理想のデスクワークでの姿勢、パソコンの位置や距離は以下のような姿勢です。

しかし、この姿勢を長時間続けるのは現実的に難しいのが現状です。無意識に仕事に集中すればするほど、頭は前方にいき、背中が丸くなる傾向にあります。

結果・・・頭が前方に行くと、ボーリング球を遠くで持つのと同じ状態になり、頭を支える肩の筋肉に負担がかかり、肩こりを引き起こします。

長年、この姿勢が続くことで姿勢も悪くなり、首の背骨にも負担がかかり、しびれや頭痛を引き起こす結果になります。

負担なくデスクワークをするには

いくら良い姿勢をいしきしてデスクワークをしても必ずどこかしらに負担はかかるものです。

ではどうしたら良いのか?

長時間同じ姿勢を続けない事がポイントです!!

30分もしくは1時間デスクワークをしたら、一度椅子から立ち上がり、足踏み、深呼吸などをして姿勢を一度リセットさせることが大事なポイントです。そして、丸くなった背中を伸ばすために、肩を後ろに回したりするのがオススメです!!

改善されずお困りの方

当院にもデスクワークで目の疲れや肩こりでお困りの方が多くいらっしゃいます。臨床でこのような方を診させて頂くとまず、首の湾曲がなくなっている傾向にあります。

また、首の背骨が歪むことで頭を支える筋肉が弱くなっている傾向にあります。

そのような方には当院では背骨矯正と筋肉の調整を行い、姿勢の改善と筋肉の回復、背骨の正常な湾曲を再生していく施術を行っていきます。

是非、デスクワークで目の疲れ、肩こりを感じる方は参考にしてみてください。

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

当院は「一人一人の笑顔を大切に縁あるすべての方の人生に貢献」を理念に皆様に携わっていきたいと考えております。

反り腰の人が増えています。あなたは大丈夫ですか?

2018.04.16 | Category: 姿勢,肩こり,背骨,腰の痛み

仙台市宮城野区の「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

気にする人は気にする反り腰。

反対に気にしない人は気にしません(笑)

しかし、反り腰は意外にも身体にいろんな影響を及ぼします。

反り腰かどうかチェックしてみましょう

□ポッコリお腹である

□腰を反らせるのが苦手

□仰向けで寝ると腰が痛い

□股関節に違和感がある

□朝、起きた時に腰に痛みがある

□ハイヒールを履く

□外反母趾である

□内股、O脚である

□つまずく事が多い

□お尻が出ているように感じる

4つ以上当てはまる方は反り腰の可能性が高いです。

反り腰の原因は様々で、主に女性に多いと言われております。反り腰なのに、姿勢がよいと勘違いしてしまう場合もあります。

 今、反り腰の人が増えています。男性よりも女性に多く見られます。

反り腰とは腰のカーブ(腰椎の前湾)が極端にきつくなった状態の事をいいます。腰のカーブ自体はクッションとして必要なものですが、度を超えるとさまざまなトラブルの原因となりかねません。

考えられるのはデスクワークなどで長時間座りっぱなしの人が増えたこと。

座った姿勢は骨盤の状態が不安定で歪みやすく、長時間座ったままでいることで筋肉も緊張して固まってしまうため、立った時の腰の動きを制限しがちになります。その結果、腰が過剰に反ってしまうのです。

反り腰は男性よりも女性に多いと言われております。特にヒールの高い靴を履く機会の多い女性によく見られ、ヒールの高い靴でつま先重心になることが反り腰の要因のひとつと考えられています。

一見、姿勢がよく見える反り腰・・でも実は問題がいっぱい

「良い姿勢=腰を反らせた姿勢」と勘違いしている人は意外にも多く、中には姿勢を良くしようと意識しすぎて反り腰になっている方も。

反り腰は一見、スタイルが良いように見えますが、体には負担が多い状態。「反り腰=姿勢が良い」ではないことを知っていただければと思います。

まず、反り腰だと腰が反りすぎてお尻やおなかが出っ張り気味に。お尻とおなかの筋肉を使わない姿勢になるために次第にお尻が垂れるうえ、骨盤が歪んで開くことで内蔵の位置が下がり、ポッコリおなかも余計に誇張されてしまいます。

さらに、前後のバランスを取るために首が前に出た猫背の姿勢にもなりやすく、背中や肩も緊張しがちに。反り腰は見た目だけではなく、全身の健康にも影響を及ぼす可能性もあります。

反り腰かどうかをチェックしてみましょう!

まずは靴を脱ぎ、素足で壁からカカトを5cmほど離してまっすぐに立ちます。頭、お尻、背中を壁にぴったりとくっつけ、壁と腰の間に手をいれてみましょう。もし、隙間にすっぽり手が入り、余裕があるようなら、骨盤が前傾して腰が反りすぎている可能性大です!

反り腰を放置していると体にいろんな影響が・・・

反り腰は腰痛の原因になりかねないだけでなく、腰が反ることでおなかが常に圧迫されるため、婦人科系の症状など、女性特有の悩みにつながる可能性も。

股関節周辺が圧迫され、リンパの流れも滞りがちになるため、脚のむくみや冷え、膝の違和感を覚える方もいらっしゃいます。

反り腰を防ぐためには腰、股関節、骨盤の3つがバランスよく動くことが大切です。

自宅で出来る反り腰対策

1,腸腰筋ストレッチ

両足を前後に開いて立ち、右膝を床につけて片膝立ちになります。この時にまっすぐな姿勢を心がけましょう。上半身の姿勢をくずさないように、体重を前に移動していきます。太ももの付け根、下腹部の中が伸びているのを感じながら30秒キープ。左右行いましょう。

2,キャットストレッチ

肩と太ももが床と垂直になるように四つん這いになります。その状態で口から7秒かけて息を吐きながら、天井に引き上げるように腰から背中を丸めます。次に鼻から3秒かけて息を吸いながら、上を向くように目線を上げて背中をそらしていきます。

※ストレッチ中に痛みが強くなる場合は無理せずに状態にあわせておこなってください。

ストレッチはコツコツ積み重ねることが重要です。少しずつでいいのでお試しください(^o^)

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

 

今の時期だからこそ、交通事故にご注意!

2018.04.10 | Category: 交通事故・むち打ち

仙台市宮城野区の「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

新年度が始まり皆さん、新しい環境を迎えた方や初めて社会に出た方も多くいらっしゃると思います。

こんな時期だからこそ実は皆様に気をつけていただきたい事があります。

それは交通事故です!

初心者マークが増える

免許を取り、社会に出ると運転の初心者でも仕事の関係上は運転をせざるを得ない事がたくさんあると思います。

何事も初めての経験で緊張し、周りが見えなくなる方も多くいらっしゃいます。

このような時期で交通事故は多発する傾向にあります。

花粉症の時期

本格的な花粉症のシーズンに入り、花粉症のドライバーが車を運転中にくしゃみをして操作を誤るなど、交通事故につながるおそれも多くあります。

また、時速60キロで走行していると、くしゃみを1回する間に計算上はおよそ8メートル進んでしまうということで、運転操作を誤ることなどが交通事故の原因になると言われております。

ゴールデンウィークは交通量が増える

ゴールデンウィーク中は交通量も増え、交通事故が多発する時期です。普段、運転していない方が運転したり、観光などで周りに目が行き、運転操作を誤るなどして交通事故が増える傾向にあります。

交通事故は一人一人が意識して運転することがとても重要になります。

万が一交通事故に遭ってしまったら・・・

1,その場で示談するのではなく、警察に連絡する

2,損保会社に連絡する

3,症状がなくても病院を受診する

※その場で症状が無くても時間の経過とともに症状が出る可能性が多くあります。

4,損保会社に連絡し、整骨院などでしっかりと治療を受ける

※整骨院で治療を受ける際は病院の診断書が必要になります。

むち打ち症は早めの治療が鍵

むち打ち症はレントゲンを撮っても画像には映らず、病院では軽視されがちです。しかし、むち打ち症は早めに適切な治療を行わないと、改善されるまでに期間がかかります。

時間が経ってから他の部位に痛みや不調が出ることもありますので、もし新しく痛みなどが出てきた時はしっかりと病院の先生や整骨院の先生にお伝え下さい。

また、梅雨の時期や、低気圧などが近づくと体調不良や頭痛、首の痛みなどが再発することも多くあります。

 

交通事故によるむち打ち症やケガなどは整骨院だけでなく、病院との併用での治療をオススメいたします。

当院でも交通事故の治療が可能ですので、お困りの方はご相談ください。

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

やってみて気づいた。ゴルフで多い共通のケガとは!?

2018.04.05 | Category: 健康情報

仙台市宮城野区の「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

春を迎え気温も暖かくなり、過ごしやすい時期になってきましたね。

花粉症の方にとっては辛い時期かもしれませんが・・・

暖かくなるとスポーツも本格的になってきます。

特にこれからの時期は大人のスポーツである「ゴルフ」の頻度が多くなります。

ゴルフは本当に難しいスポーツでほぼ毎日、打ちっ放しに行き200球以上打つ方もいらっしゃいます。

実は身体にとってはすごく負担がかかっているのです。

院長もゴルフは大好きです。

まだ初めて1年ですが、ゴルフを始めてから「ゴルフで痛くなる場所の共通点」があることに気づきました。

ゴルフで痛くなる共通点は?

  • 腰痛・背部痛・首の痛み

ゴルフは前傾姿勢が多く、また、頭を固定してカラダを回転させるスポーツのため、首から腰の背骨に大きな負担がかかりやすいです。そんな中で、やはり多いのは動きの要となる腰痛、そして背部痛や首まわりの痛みです。

ひどくなると、ぎっくり腰や椎間板ヘルニア(腰・背中・首のどの部分でも)を引き起こす場合もあるようです。

主に右打ちの方であれば左の腰に負担がかかりやすい傾向にあります。

  • 手首・肘の痛み

ショットの衝撃は、ダイレクトに手首に伝わります。クラブを強く握りすぎてダフってしまったりすると、手首を傷めてしまうことがあります。プロでも手首を痛めている人は少なくありません。

また肘の内側には指や手関節を曲げる筋肉がついており、それが炎症を起こすことでいわゆる「ゴルフエルボー」になるケースも多くみられます。

  • 肩の痛み

ゴルフスイングは肩関節も大きく動かしますので、その分、肩への負担も大きくなります。肩関節は年齢が高くなるほど、関節の可動域も狭くなり、痛めるリスクも高くなる部位ですので注意が必要です。

院長もゴルフを始めてからいろいろ学ばされました。

ゴルフは身体を悪くするスポーツだと・・・(T_T)

しっかりとアフターケアやストレッチを入念にやらないと身体を壊してしまいます。

そして、習っても言われたことが実際、出来ない・・・

私の息子が野球をやっているのですが、何回教えても出来ない・・・

ゴルフを習っている自分と、野球を習っている息子が同じ境遇になり、息子の気持ちもわかるようになりました^^;

ゴルフを楽しく続けるための対処法

  • 準備運動はしっかりと!

ケガをしないようにゴルフを楽しむためには、準備運動を必ず忘れないように行いましょう。特に早朝ゴルフなど、まだまだ、体が十分に温まっていない中で、いきなりゴルフを始めることは、ケガを招くだけでなく、その日一日の調子を崩すことにもなりかねません。特に関節回りはしっかりとほぐしておきましょう。
また、実際にラウンドしていると、ついつい力が入ってしまい、筋肉も緊張の連続になりがちです。ラウンドの途中においても、時々、背筋を伸ばしたり、ストレッチをするなど、常にカラダをほぐし力を抜いてリラックスするように心がけましょう。

  • 日頃からストレッチを

ゴルフは、カラダの回転を使うスポーツですので、カラダがやわらかいほどスイングの動きにも幅が出ます。反面、体が硬いと回転によって負荷がかかり、筋を痛めてしまいます。日頃からストレッチを行い、特に、肩や腰、首については、前後左右、旋回とあらゆる方向で、より筋肉をやわらかく使えるように日頃から入念にストレッチを行いましょう。毎日、ちょっとした時間を見つけてストレッチが出来るとよいですね。

次回はゴルフに効果的なストレッチ法などを書いていきたいと思います。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

アキレス腱断裂に大腿骨骨折、腰椎圧迫骨折、むち打ち症と重症の既往歴

2018.03.26 | Category: 患者様の体験談

仙台市宮城野区にある「腰痛・肩こり・背骨矯正専門の治療院アテオス」です。

患者様の治療報告と経過を書いていきたいと思います。

過去に骨折、ムチ打ち症などの重症の既往歴があり、カラダの不調と毎晩の足のつり、ぐっすりと眠れず、腰痛にお困りの宮城野区にお住まいのE.M様

当院にいらしたきっかけは当院のチラシでした。

初診時の問診、検査、カウンセリング

いろいろ既往歴を伺うと様々な怪我をしており、正直、私が今まで出会った患者様のなかでもNO.1に値するかたでした。主訴は足のつり、腰痛、五十肩でお困りでした。ただ、E.Mさんの場合は普通の方とは違い、様々な既往歴があり、治療計画を立てるのも大変でした。

問診が終わり検査をいざしてみると、症状以外にも筋力の低下や関節の可動域の制限、神経の圧迫などもあり、それに加えて骨折やむち打ち症の過去の既往歴も大きく関連しておりました。背骨の状態も骨折している腰椎の動きも制限されており、歪みもありました。

検査後にカウンセリングを行いました。今、身体に起きている状態をお伝えし、E.M様の根本原因の解消までの治療期間は3ヶ月とお伝えしました。治療方法は背骨の矯正治療と筋肉調整、超音波治療の3つ方法で施術に当たる旨を伝えました。治療の頻度は1ヶ月目は10回の治療計画をハッキリと伝えました。E.M様の場合は既往歴の関連もあり、このぐらいの頻度は必要だったからです。

いよいよ治療の開始です

まずは肩の筋肉の損傷を修復させるために超音波治療を行い、肩の関節に関係している神経と関係している頚椎の矯正治療、足のつり、腰痛に関係している腰椎、骨盤の治療を行いました。それに加えて、全身のバランスを整える為に筋肉の調整を行いました。

2回目以降も同じ内容の治療を6回行いました。

多くの方は6回行えば身体に変化が起こり、症状も緩解されるのですが、E.Mさんの場合は矯正した箇所が次回いらしたときにはまた元に戻り、思うように症状も改善されませんでした。。。

そこで超音波とハイボルテージという特殊な電気治療のコンビネーションに変更しました。矯正治療と筋肉調整、ハイボルテージの治療を4回行い、1ヶ月目の10回の治療を終えました。

1ヶ月目の治療の再検査を行い、再評価

症状は日に日に良好になり、順調に進んでいるのは良いのですが、根本的な原因と問題点はまだ残っているので、これが残っている以上は必ずぶり返すのでその旨をお伝えし、2ヶ月目は8回の治療頻度に同意頂き、2ヶ月目の治療に入りました。

2ヶ月目の治療突入

2ヶ月目は肩の状態も良くなって来たので肩のコンビネーション治療の必要がなくなり、筋肉調整と背骨の矯正治療の方法に絞りました。背骨の矯正の箇所も日に日に少なくなり、交通事故によるむち打ち症が改善されていなかった頚椎2番のところも改善され、腰椎5番と頚椎5番のみの矯正治療に集中しました。頚椎5番は肩や腕に関係している神経と大きく関係している背骨です。

※腕にしびれや痛みを引き起こしている場合は頚椎5番目の背骨の歪みが大きく関係

3ヶ月の治療を終え、メンテナンスへ

3ヶ月の治療が終えて、関節の可動域、筋力低下、神経の圧迫も大きく改善され、根本的な原因も改善されたので予定通りの治療期間で治療を終えることが出来ました。今ではメンテナンスで今の状態を維持し、もっと健康になっていただくために隔週でメンテナンスを行っております。

患者さまの声

私がJTC整骨院を知ったきっかけはポストの中の1枚のチラシでした。私は30台にアキレス腱断裂と靭帯断裂、40代に事故でむち打ち症、大腿骨骨折。60代に入り腰椎圧迫骨折と大怪我続きでした。怪我も治り、歩けるし、走れるしで完治したと思っていましたが、5ヶ月前頃から身体のだるさが取れず、骨こりが酷くなり、目の奥がジーンとした重苦しい感じ、毎晩のように足がつり、痛くて眠れない日々、寝起きは腰に違和感があり、何かおかしいぞ?と・・・

家の近くだったこともあり、JTC整骨院に行きました。診察で私の身体の悪い所を事細かに提示して頂き、それに対して治療方法をわかり易く説明してもらいました。根本的な根っこの部分を治すと言う先生は今まであちこちの病院に行きましたが、居ませんでした。しかし、JTC整骨院の先生はハッキリと直します!治ります!と言ってくださったので先生を信じて3ヶ月間言われた通り、素直に通院しました。何とすべての痛みが取れて、今は快適な日々を過ごしております。

これからの残された人生、自分の身体をもっともっと大事にし、車と同じ様に定期的にメンテナンスをし、健康で元気に楽しい人生を送りたいと思います。JTC整骨院の皆様、ありがとうございます。感謝で一杯です。私と同じように苦しんでいる友人、知人にも紹介していきたいと思います。

仙台市宮城野区にお住まいのE.M様 63歳女性。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

施術の流れ

問診票記入

問診票に症状や体のお悩みを記入していただきます。 気になる症状はすべて記入してください。 問診票に書ききれないことなどあれば、問診時に詳しくお話をお伺いしますのでご安心ください。 問診票記入後は当院の説明と料金の方を受付からご説明があります。

姿勢検査

記入後は移動していただき、姿勢の写真撮影を行います。 姿勢分析検査では背骨のカーブ、肩の位置、頭の位置、重心の偏りなどを見て、筋肉のバランスと背骨の全体的な評価をしていきます。

問診

姿勢の撮影後は問診に入ります。 まず、お悩みの症状について詳しくお伺いします。 どこが気になるか?いつ頃からか?症状以外にも体の不調はないか。 他にも困っていることや、不安なことがあれば遠慮せずにお伝えください。

検査

問診での情報を元に検査を行います。 整形学的検査 症状に合わせて、それぞれの関節や筋肉の状態を調べていきます。病院の画像診断だけではわからない事も多くあります。その為にそれぞれの正常か異常かの動きを検査し、評価していきます。 知覚検査、筋力検査 場合によっては感覚神経の検査を行います。 また筋力検査で検査していきます。 脊柱温度検査 特殊な機械で背骨から骨盤までを背骨に沿って動かしていきます。 それにより、背骨の状態を検査していきます。 脊椎可動検査 背骨、骨盤の骨の可動域の検査を指で触診していきます。 触診検査 患部に触って筋肉の緊張度合いや拘縮を左右比べて検査をする事で症状としては普段感じていない問題点が見つかったり、画像診断では判らなかった体の異常部位を見つける事ができます。

カウンセリング

検査結果を踏まえたうえで症状を引き起こしている根本的な原因、体に起きている症状以外の問題点、そしてそれを改善する為の治療方法をお伝えします。 説明が分かりづらいなどありましたらお気軽にお伝えください。 大切なお身体の事なので、ご納得いくまで説明させていただきます。 また、検査結果により最善の治療期間と治療頻度をお伝えいたします。 カウンセリングに同意いただけましたら、施術に入っていきます。

施術

患者様の状態に合わせて体の筋肉や骨格に対する施術をおこないます。 特に骨盤や背骨の骨格の状態は全身に大きく影響しております。 患者様の体の状態を把握しながら施術を進めてまいります。 施術時間は約30分になります。 施術終了後は日常での禁忌事項やストレッチ法などをお伝えし終了になります。

ご予約とお会計

最後に受付でお会計、次回からのご予約をとって頂き終了になります。 初めて施術を受けた日は体を回復させようと働きますので、十分な睡眠をお取りください。 また、お帰りの際に不明な点や質問などありましたら、遠慮なく受付にお話しください。
※初診時は体の状態をしっかりと把握する為に問診、検査、カウンセリング、施術が入りますので1時間弱かかります。ご了承ください。 2回目以降は30分程度になります。

アクセス情報

所在地

〒983-0014 宮城県仙台市宮城野区高砂1-17-12

休診日

日曜・祝祭日
水曜午後と土曜午

※その週に祝日があれば水曜午後も診療